頽弊記
日々の創作物・日記・雑感などなど
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/10/18(土)   CATEGORY: 日記
スーパー寝不足タイム
 月曜日:忘れた。パンフレット作成していたかもしれない。
 火曜日:午前の講義を休み深夜までパンフレット作成。
 水曜日:1限から出席。その後深夜までパンフレット作成。
 木曜日:午前は精米所でバイト。その後深夜までパンフレット作成。
 金曜日:午前は研究室の作業。途中で抜け、その後深夜までパンフレット作成。

 一応原稿データ作成完了。
 何日か前の記事で「今のところ研究室の作業も委員会の仕事も両立してるよフフン」なんて余裕かましてましたが、今週は研究室の作業の殆どを放棄し文化祭のパンフレットを作ってました。ごめんなさい先輩。
 生活リズムが狂おうが食事を抜こうが睡眠時間が確保できれば何とかなるはずでしたが、講義バイト研究室と見事に毎日朝から用事があったため、強制的に規則正しく睡眠時間が削られました。
 なんか先週あたりから委員会に限らず色んなことがありすぎて目を回していました。楽しかったことや大変だったことがあった気がしますがまだ混乱しています。

 不思議な体験もありました(笑)。
 いつだったか忘れましたが、疲れてフラフラしながら家に帰ったとき、頭の中ではいつも以上に様々な思考が浮かんでは消え、勝手に進んでは戻りを繰り返していました。戸を開けたままトイレに座っていたら、窓から差し込む光によってできた床の影がひとりでにくねくねと動いていました。頭の中で「あ、これが幻覚なのかな」なんて考えが現れてはすぐに脳内のどこかに飛んでいってしまいました。
 トイレの後、寝るまでの間にパソコンの前でボーっとしていたところ、やはり色々と脈絡の無い思考がジャグジーバスの泡のごとく浮かんでは消えていました。架空の話題について委員の子との架空の会話が脳内で勝手に再生されたかと思うと、その子の声が突然耳元で聞こえてゾッとしました。頭の中で「あ、これが幻聴なのかな」なんて考えが現れてはすぐに脳内のどこかに飛んでいってしまいました。
 徹夜明けでの精米バイト中、米を袋に詰めて口を縛るという単調作業のためウトウトしていたら、常にうるさいはずの精米機の音を含め全ての音が一瞬途切れ(つまり寝た)、それに驚いて目が冴えました。

 大変だったとか疲れたとかよりも、いろいろと貴重な体験という意味で興味深い数日間でした。

■■■
 家に居なかったため受け取りが数日遅れた買い物。

・五人一首『五人一首』
 中古で安かったので買った。とりあえず面白いと思うが、寝不足でプログレの長い曲を聴いてられない。「経文刻印身体」「二人遊び」は聴いた。
・塩野干支次郎『ユーベルブラット7巻』
 中古在庫があったので買ったが、既に8巻が出ているという。そして相変わらずの内容という。
・DVD『明日に向かって撃て!』
 いつだかTVで観た二人の馴れ初めの話の映画が面白かったので、有名なこの映画を買った。中古で。まだ観てない。
・(自分と同姓同名の作家が書いた本)
 以前ネットで見つけて気になっていた自分と同姓同名の作家の唯一の本を購入。内容はほぼ興味ないが、せっかくなので読んでみるのもよいだろう。『魍魎の匣』を読み終わった後にな。

■■■
 土曜日(今日):パンフ入稿。母と妹が午前中にうちに来て、夕方には自分の壊れかけの携帯電話が新しくなっている予定。
 日曜日:フリーダム! 何をするかは自分次第! の予定。

 ところで最近は戸川純『君の代』が大好きだ。鏡音リンがカバー。あるいは『肉屋のように』。

 眠い。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/10/14(火)   CATEGORY: 日記
つまんね
 誰かと雑談していて、話題が終わってしまったときの沈黙。もう一度話題を膨らませるのか、違う話題にするのか、沈黙しているのか。多分、経験の少ない自分には、会話をうまく進めるというのはまだまだ難しい。
 できるだけ話題を膨らませ、相手の話を聞くように、自分が話すときは分かりやすく心がけているつもりだけど、全く知識も興味も無い話題だったり、どこまで膨らませていいのか判断に困る話題だったりすると、途端に寡黙になってしまう。そのときの受け方だったり、話題を変えるタイミングというのがわからない。
 コミュニケーション能力の不足だったり、一般的ではない知識に偏っているのが原因だろう。

 会話の相手に「コイツつまんねー」なんて思われていないことを願うばかりだ。

↑建前
↓本音

 だがそんな相手本位の考えでは自分がつまんねーという。
 自分の興味のある話題を話したいし紹介したいし押し付けたいし、理解できない価値観は拒絶したいし、自分の好きなように生きたい。「何にでも興味を持って見聞を広げよう!」がモットーだった。ちょっとは視野が広がったけど、やっぱり興味ないことは興味ないし、つまんないことはつまんない。
 浅く広く手を広げすぎて世俗的な人間にはなりたくない。だからといって何にもこだわりが無いつまらない人間にもなりたくない。
 KENZENな趣味でも、OTAKUな趣味でも、周囲の人とその話題で盛り上がれる人が羨ましい。自分の趣味や興味を話すのが恥ずかしいということでは勿論なく、むしろ機会があれば積極的に話すのだが、話が膨らまなかったり相手がつまんない顔をするのがいつもなのだ。


 でも、そうして相手を突っぱねて、自分を100%信じられるほど強くはないのだ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/10/08(水)   CATEGORY: 日記
weight of the world
 文化祭まで残り1ヶ月を切ったこの頃、講義は数えるほどしか無い代わりに研究室と文化祭実行委員会の仕事が毎日あって疲れます。重きの置き方、というか意識の分配は、

 研究室:委員会:趣味創作 = 5:5:0

 という感じです。研究室では農作業など先輩の手伝いのため大きく時間をとられることが多く、また暇な時間にゼミのために論文を探し、訳するという作業があります。サークルにかまけて研究室を蔑ろにしているとは思われたくないので、できるだけこちらを優先したいと思います。
 委員会は印刷物関係の大半を自分一人が請け負っているため、(いまさら)人に任せられない仕事も多く、骨の折れるところです。(パンフレットが終われば自分の仕事はwebサイトだけになります。)
 今のところはどちらも犠牲にすることなく回り、代わりに家に一人でいる時間はほぼ皆無です。きっとみんなそんなもん、のはず。

 なんか新たに2年生が一人入会してくれるということで、現在自分しかいない「広報担当」に充てて、自分の仕事を引き継いでもらいたいと勝手に考えています(ポスターの作り方、画像編集ソフトの使い方、webページのアップロード方法、など)。その人にそういうクリエイティブな仕事に理解、というか興味があり、快く引き継いでくれれば嬉しいです。
 とりあえず次回の会議で言ってみよう。


■■■
 夜想#ヴィクトリアンの注文をすっかり忘れていた! 今注文した。
 問題は受け取りの時間に、自分が部屋にいるかだ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/10/05(日)   CATEGORY: 日記
花火
 委員会のメンバーと、初めて土浦の花火大会に行きました。あんなに派手で豪華な花火って観たことなかったので圧倒されてしまいました。あまりいい場所が取れなかったので木の枝が邪魔でしたが(笑)
 花火も良かったのですが、川沿いに並ぶ出店も良かった。チョコバナナ、リンゴ飴、ケバブなんかを買って食べました。
 とても良い思い出となりました。

■■■
 夏休みが明けてから個人的趣味の創作は全然進んでいないのですが、ここで何となく次回作の構想なんかを考えてみる。やっぱり数字が入ったタイトルって好きなんだよなぁ。

『Dodecaphony by twelve apostles』(十二使徒による十二音音楽)
 中身はなにも考えてない^^
 テーマは宗教音楽? 12種類の楽器? 多分12枚のイラストにすると思う。
 wikipedia『十二音音楽

『613 Mitzvot』(613のミツヴォット)
 wikipedia「613のミツワー」の項目を読んで欲しい。
 613枚のイラストはどう考えても無理なので、「足して613」で考える。
 例えば『名数辞典』から調べるとか、自分で創作するとかして「足して613」になるような作品を考える。
 かなり難しそうだ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/10/02(木)   CATEGORY: 日記
上げたし
 予定より遅れてしまい申し訳ないのですが、文化祭webサイトをアップロードしました。内容がまだ無いよーなので、これからマメに更新して充実させていきたいです。


■■■
 お買い物。

・二瓶勉『ブラム学園! アンドソーオン』
 『BLAME!』のセルフパロディにより「ハードSF学園ラブコメ萌え」漫画となった『ブラム学園!』3篇、BLAME!の外伝的作品1篇、続編1篇、ABARAの外伝(?)1篇、短編作品4編、が全作フルカラーで収録されている。元ネタを知らなくてはナンノコッチャではあるが……。
・林田球『ドロヘドロ 12巻』
 良かった終わらなかった。でももう「ほのぼのギャグパート」は巻末おまけくらいにしか残っていない。
 それにしてもデザインや扉絵や展開がいちいちカッコいい。
・土屋計/ののやまさき『エンマ 1巻』
 これまでのような「濃い」絵柄の漫画を読んでいるとこういった少年誌のキレイな絵柄は物足りなく感じてしまう。人殺しにまつわる話なのにグロ描写が無いとかね。
 主人公のエンマは閻魔王の使いとして現世(古今東西問わず)に現れ、人が大量に死ぬ「争い」の元となる人殺しの骨を抜いて殺す。だがこのとき、人殺しを慕う人物の数だけ骨が残る。という重い設定。
 このエンマ、第一声が「オレが骨を抜いただ」という感じに田舎訛り。これって「ロリババア」属性? とりあえずツボなので次も買う。
[ TB-0 | CO-4 ] page top
DATE: 2008/10/01(水)   CATEGORY: 日記
研究室
 昨日は研究室の初顔合わせ。その後、突然の農作業でジャージが泥だらけ。実験室で実験するより圃場で作業する研究室を選んだので、想像していたことだったがやはりなれない作業は疲れた。これからは体力的な問題と英語の問題に直面しそう。
 精米のバイトとあわせてジャージ(作業着)が要るので、緊急で買ってくる必要がありそう。逆に白衣の出番は少なめ?
 新しい環境は期待と不安でいっぱいだ。うまく溶け込めるだろうか。苦手な人はいないだろうか。自分の立ち位置はどうなるのか。どんな環境でも、嬉しかったこと、大変だったこと、愚痴なんかをこれまでと同じようにここで吐露することになるんだろう。

■■■
  文化祭に研究室に創作活動に、これから忙しくなりそう。だから自分が暇してると思われるのは困る(思われてないか)。部屋で一人創作について考えているとき、疲れて寝てるとき、それは自分に必要な時間を消費することで忙しいのだ。
 友人と遊ぶ、対外的な仕事している、それだけが充実した時間ではない。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
copyright © 頽弊記 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。