頽弊記
日々の創作物・日記・雑感などなど
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/06/30(月)   CATEGORY: products
BEDLAM
1065352_e3ed71a258_m.jpg

Bedlam:混乱、騒々しい場所、精神病院。


 今回のタイトルは確実にThe Mars Voltaのアルバム『The Bedlam In Goliath』から取りました。
 洋楽の歌詞って普段絶対知ることのないような単語が使われていたりして面白いです。ものによっては造語やスラングだらけで解読不能だったりしますが……。
 造語といえばCradle of FilthのNymphetamine という曲。Leaves' EyesのヴォーカルLiv Kristineが参加していたり、PVが美しかったりして最近のお気に入りです。ネットでタイトルの意味を調べたところ、「獣の如く美をむさぼる娘」なんて書いてあって、そういう単語があると信じそうになりました。でもこれはニンフ(Nymph)とアンフェタミン(amphetamine)を合わせた造語です。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/29(日)   CATEGORY: products
RIP
1065534_m.jpg

Rip:引き裂く、もぎ取る。
R.I.P.:ラテン語"requiescat in pace"「安らかに眠れ」の略。


 七夕バージョンでは「出会った二人が手を差し伸べる」設定でしたが、元々は「何かに飲み込まれて引き離される」イメージでした。
 ところで「The Starve festival」を友人に「英語でそれっぽいけど駄洒落じゃん」と言われてしまいました……。starとstarveをかけたシャレですが、どちらも作品のテーマを表す言葉ですし、タイトルも作品の一部だと思っているので、ちょっとショックでした。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/26(木)   CATEGORY: products
THE "STARVE" FESTIVAL
1044885_eb89dfd1ab_m.jpg

Starve:渇望している、飢えている。


 pixivの七夕祭りに投稿するため制作しました。と、いっても元々は『26 words ~』に使う予定だったので、後日そちらの方も作ってupします。
 The Star Festival(七夕)とそのままの題ではなんか気に食わなかったので、StarとStarveを掛けてみました。これがまた七夕のストーリーと何だか合うじゃないですか。
 中央の一文は"Through millions of stars, I found you."「幾億の星々を巡り、君を見つけた。」です。ネットで翻訳した文章なので、間違いがあったら教えてください。

 あとどこかに一文隠されているのですが、ブログに上げたものでは潰れてかなり見づらいです。pixivにもっと大きい画像があるので、それで探してもらえれば幸いです。

 願いが叶いますように。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/24(火)   CATEGORY: 日記
Goth農園
attachment170.jpeg

 ついにダイソーにて盆栽鉢と皿を買いましたので、以前入手した苔を植えつけてみました。写真の左にある白い鉢です。土は去年の夏にミニトマトを育てた時のものをそのまま使用。中心にちょっとある緑色のものがメインの苔。
 その右にあるモヤシみたいなのは、ダイソーで買ったスプラウト育成セットよりだったんソバ。伸びたので陽の当たる窓際に置いておいたのですが、まだ赤くならず。適当に収穫して適当に食べようと思います。
 その下の2つもダイソーで買った多肉植物。形態から判断して多分左が「不死鳥錦(カランコエ)」で右が「竜陽(クラッスラ)」。右の「雅楽の舞(ポーチュラカリア)」といい、相変わらず強そうな名前ですw


 近況。
 2日くらい前から体調不良です。お腹壊したり、良く眠れなかったり。
 そして最近、再びゴシックメタル方面をヘビロテしています。具体的には
 "Evanescence - The Open Door"
 "Nightwish - Once"
 "Stream of Passion - Embrace the Storm"
 "Epica - The Divine Conspiracy"
 あたりを。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/22(日)   CATEGORY: products
こんなかんじ
b5 sample m

 クリックすると拡大します。

 各アルファベットを頭文字にもつ単語のイラストを制作していますが、理想としては上のようにちょっとした文を付けて本の形にすることです……。ちなみにB5サイズを想定しています。
 フルカラーだと金額的にヤバいことになるので、グレースケールだとこんな感じかな~と。元々茶色で統一されていたので、白黒にしてもそんなに違和感無いかと思います。
 26の作品が揃わないことにはどうしようもないんですがね。


 
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/22(日)   CATEGORY: 日記
百鬼夜行とトランプ
 買ってからここに書いていないものをご報告。

20080620064743.jpg

 左上から右に、バイスクルミニ(青)、バイスクル メタリックシルバー、バイスクル メタリックブラック、タリホーミニ(青)、バイスクル ゴースト、バイスクル ブリッジサイズ(青)、鳥山石燕『図画百鬼夜行全画集』です。
 バイスクルミニは普通に買えるものなのですが、タリホーミニは『前田知洋の魔法の扉ミニ』という手品解説書を買わなければ手に入らない珍しい品なのです! 手品もかじっていますが、断然トランプ目当て(笑)
 メタリックシリーズは全て無彩色でカッコいい。「PLAYING CARDS」の上に「RIDER BACK」と書かれていないことからもわかりますが、背面のデザインが通常のものと違います。
 ゴーストは憧れていたトランプの一つ。このシリーズは値段がちょっと高い。威圧感のあるスペードのエース、もの悲しいジョーカーの後姿、ハートとダイヤのピプス部分だけ赤を使うなど、スタイリッシュ。
 ブリッジサイズは試しに買ってみたのですが、かなり違和感。ちょっと横幅が短くなるだけでこんなにも変わるとは。

 そしてガラッと変わって、様々な妖怪のイメージを決定したといわれる鳥山石燕の百鬼夜行シリーズ。ぬらりひょんとか輪入道なんかは現在のイメージそのままだし、他にも有名な妖怪が沢山。
 不落不落(ぶらぶら)、加牟波理入道(がんばりにゅうどう)、以津真天(いつまで)といった「なんぞこれw」な名前のものもあり。
 そして興味深いのが東方との関係。先述した以津真天は「広有射怪鳥事」に登場する妖怪で、これは魂魄妖夢の曲「広有射怪鳥事~Till When?」の元ネタとなっています(Till when? = いつまで?)。あとは上白沢慧音の元ネタの「白沢」、橙の「猫また」、射命丸文の「天狗」、河城にとり「河童」、伊吹萃香の「」が収録されている。
 さらに地霊殿ではキスメの「釣瓶火(≒釣瓶落とし)」、黒谷ヤマメの「土蜘蛛」、水橋パルスィの「橋姫」と、石燕も描いた妖怪がわんさか出てくる。
 その中でも一番注目したいのが「橋姫」。今昔画図続百鬼によると、「橋姫はブサイクでカレシが居ないの。独りがムカつくから人の恋愛に嫉妬しちゃう(現代語意訳)」という。どうやらパルスィは橋姫の他の伝承を基にしてるみたいだけど、2次創作するときはこの設定も忘れないであげてください(笑)


 近状。
 5日くらい前から風呂場にチョウバエが湧いて泣きそうでした。キンチョールで一掃して、ガスくさい中で顔を洗っていて吐き気を催したり、カビキラーで掃除しても次の日には元気に飛び回っていて絶望に下唇を噛んだり。でも昨日パイプユニッシュでもっと強力に掃除したら今朝は数が少なかったように思います。これで終わったはず……。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/22(日)   CATEGORY: products
L.H.O.O.Q.
1017241_m.jpg

L.H.O.O.Q.:マルセル・デュシャンの作品名。『モナ・リザ』に髭を描いたもの。


 詳細はググって頂きたい。
 植物はシダのつもり。女の子がヒゲに見立ててくっつけているのもシダのつもり。
 一見ザンネンな出来になってしまいましたが、1時間くらい眺めてると好きになってくる。人によっては2時間かかるかもしれない。ソースは自分。
 でもやっぱり女の子は雑に描きすぎてザンネンな感じ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/19(木)   CATEGORY: products
QUIXOTIC
1005234_m.jpg

quixotic:騎士気どりの、非現実的な、突拍子もない。


 個人サイトであり以前に考えていたファンタジー作品であった「Q.E.D -quixotic.existential.decadence.-」から、キホーティック。
 ドン・キホーテのイメージからそのまま描いてしまいましたが、背景に使った紙のテクスチャがカラフルすぎてなんか変な感じに。非現実的であったり、突拍子もない感じがしないでもないかな?
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/18(水)   CATEGORY: products
26 WORDS FOR A EROSION
26 words for a erosion demo_convert_20080616165014

"26 words for a erosion"(腐蝕のための26語)


 今年の冬コミ(C75)に出ます!
 スペース 3日目 東-51a

 表紙予定
 妄想印刷サンプル(旧)
 目標はもちろん26語全部書き終えること! 追記に各作品をリンクしておきます。
 現在 26/26 完成!
more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/17(火)   CATEGORY: 日記
KKK
 タイトルは「コケに恋する今日この頃」の略です。こちらの写真をご覧ください。

20080616230155.jpg

 中心の多肉植物は「雅楽の舞」……のような。下に植えたコケは「スナゴケ」……のはず。
 というのも、ダイソーでミニ鉢と多肉植物を買ってきたのですが、どこを見ても名前が書いてない。ネットで適当に調べた結果、白い斑があり雅楽の舞ってやつっぽいなと。
 コケは最近一番ホットな植物で、数日前にアパートの前にあったやつを剥いできていました。適当に調べた結果、砂地に日当たり良好だったのでスナゴケかなと。

 母親がベランダガーデニングや生け花をやっていた影響か、以前から「作品」「自然の縮図」としての植物育成に興味がありました。その最たるものが「盆栽」や「枯山水」だったり「テラリウム」なのですが、さすがにそれを楽しむにはお金も時間も経験も足りないので、小さな鉢にミニ盆栽から始めようと思い立ったわけです。
 盆栽や枯山水で重要な役割を担うコケに一番興味があるのですが、多肉植物も調べてみると可愛くて楽しそう。

 創作活動と植物だけが現実を忘れさせてくれるのです……。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/16(月)   CATEGORY: products
HAUNTED
983385_91577fadcb_m.jpg

Haunted:幽霊のよく出る、取りつかれた、不安な。


 ホーンテッドと聞いて思いつくのは3つ。①ディズニーの「ホーンテッド・マンション」、②Evanescenceの「Haunted」、③Stream of Passionの「Haunted」。①②が有名ですが、これを描いたきっかけは③の曲を聴いて。盛り上がりが美しい曲です。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/14(土)   CATEGORY: products
GROTESQUE
grotesque

Grotesque:奇怪な、不気味な。怪奇主義。


 醜いのに美しい。不快なのに惹かれてしまう。気持ち悪いのに心落ち着く。そういうものが好きです。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/14(土)   CATEGORY: 日記
苔のように
 寝不足で飲み会に行って、飲むんだけどなぜかいつも楽しめなくて。
 次の日は1限から講義があったんだけど、二日酔いと鬱で身体が動かない。
 その日の実験は早く終わったのに、委員会のポスターを作らなくちゃならないから、会室で独り、パソコン作業。
 なんとか作って掲示板に貼り付けていると、近くの教室から楽しそうな声が聞こえてくる。
 通りがかりに開いたドアから中を見ると、空いた教室で男女3人くらいが楽しそうに会議をしてる。なんかのサークルなのか、気の合う友達なのかわからないけど、盛り上がって、笑いながら話し合っていた。
 とてもいたたまれなくなって、足早に廊下を歩く。残りのポスターを貼って、すぐに会室に戻った。
 やっぱり独りの会室で、自分は一体何をしているのだろうと考えてた。好きな事をしているはずなのに、自分が選んだことなのに。独りでいるのが寂しくてサークルに入ったけど、結局は独りだ。話を聞いてくれる人はいる。助言をくれる人も、優しくしてくれる人もいる。だけど、自分から心を開けない。だから独り。

 あの娘が泣いてた。でも自分は何もできなかったし、どうなったか知らない。理由がわからなかったし、そもそもただの傍観者だった。
 みんな複雑な話をしてる。みんな悩みを持っている。でも自分はその話には入れないし、共有できない。みんなずっと遠くを見ていて、自分は追いつけない。
 お酒にいい思い出はない。せめて明るく振舞ったつもりでも、すぐに憂鬱な反動がやってくる。暗い顔をして帰るのは、どうやら自分だけのようだった。
[ TB-0 | CO-4 ] page top
DATE: 2008/06/12(木)   CATEGORY: 日記
じるじる
 肉の無いチンジャオロースなんてのは、チンジャオロースとは言わねんじゃねえのかなぁ。

 寝不足で頭痛と眠気で脳がじるじるしてます。
 レポート作成とポスター作成で〆切りに追われてます。しながらネット見たり音楽聴いたりしてるからこうなる。

 amazonでトランプの在庫がぽつぽつと復活していたから注文してしまいました。しかも、これまでは1500円を越させるためにオマケで注文するポジションにあったトランプですが、本・CD類がブックオフオンラインで安価に入手できることを知ってからはamazonで注文しづらくなり、今回みたいにトランプのみが欲しいのに1500円を下回るのでついでに(後回しにする予定だった本を)買っちゃうという相手の思う壺。少しは貯金とか考えてみようよ自分♪

 あと、3日連続で描いてるアルファベットシリーズ。アイディアは以前からありましたが、きっかけは『ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで』というブラックな絵本を知ったからだったりします。まだ調べただけで実物は持ってませんが、ビビビときました。いつか買う。
 と思ったら全部upされてた。てめぇww

 チンジャオロース作ってみようかな。お金が無いので肉抜きで。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/12(木)   CATEGORY: products
SCAPEGOAT
scapegoat

Scapegoat:贖罪の山羊。転じて他人の罪を負う者、 身代わり。


 たった数文字で深い物語性を感じさせる単語はいいものです。なんの言葉にどんな物語を夢想するかは人それぞれだと思いますが、スケープゴートという言葉もそんな創作をしやすい単語の一つだと思います。
 スケープゴートといえば、MTGに同名のカードがありました。あまり使われないカードなのですが、1マナのインスタントで独特の効果をもたらすので、コンボ向きです。当時必死にコンボを考えていたのですが、ついに見出すことはできませんでした。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/11(水)   CATEGORY: products
CLOUD NINE
cloud_nine

Cloud Nine:九番目の雲、転じて入道雲のこと。「天にも昇る気持ち」を表す慣用句。


 クラウド・ナインという言葉に初めて出合ったのはゲルニカの曲『クラウド9』でした。「12の鍵」(錬金術に関する書物の題)とか、『the octuple personality and eleven crows(8重人格と11羽の カラス)』(World's End Girlfriendの曲)とか、意味ありげに数字が入るタイトルってミステリアスで大好きです。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/10(火)   CATEGORY: products
XENOGLOSSIA
xenoglossia

Xenoglossia:異言。習ったことのない言語の読み書きや理解ができる現象、能力。


 良くあるアルファベット絵本の体裁をとった作品集を作ってみたくて、思いつきで"X"のXenoglossiaを描いてみました。背景はフリーのテクスチャ素材を加工しています。
 異言という聴きなれない言葉を知ったのはThe Mars Vortaの『Tetragrammaton』という曲の歌詞に"Glossolalia"という言葉があったからです。多分GlossolaliaもXenoglossiaも同じ意味だと思うのですが、なんとなく"X"として使ってみました。ググると某アニメ関連のページしか出なくてずっこける。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/09(月)   CATEGORY: 本の紹介
図説 ヴィクトリア朝百貨事典
谷田博幸 『図説 ヴィクトリア朝百貨事典』 (河出書房新社・ふくろうの本)
★★★★☆


 自分の好きな世界観というか、時代に「ヴィクトリア朝」というものがあります。蒸気で動く機械だったり、山高帽、モノクル(片眼鏡)、懐中時計に洒落たステッキなどなど、当時の写真やヴィクトリア朝を題材とした作品を見るたびに胸が躍るのです。
 創作者の端くれとしては、この魅力的な世界観を自分でも表現してみたいと思うのは当然なわけですが、残念ながら世界史もろくに勉強せず、ヴィクトリア好きな友人もおらず、自分の知識は映画や漫画の中のヴィクトリア朝だけでした。それではマズイというわけで、ヴィクトリア朝の資料を買うことに。
 いくつか候補がありましたが、とりあえず値段と評価を参考にして買ったのがこの本です。

 事典、ということで、中身は項目ごとに図を交えた解説が続きます。とりあげている項目は「コルセット」のようなファッションから「マーガリン」のような食品、「ミューラーの窓」といった用語まで多岐に渡ります。図もカラー、モノクロの写真、絵画、イラストが使われていて解説を助けます。
 解説はその項目について分かりやすく書いてあるだけでなく、背景や関連する話題などを面白く書いてあるので、勉強するというよりは読み物として雑学を得るといった感じでしょうか。
 農学部生でもある自分はウォーディアン・ケース(密閉したガラスケースの中でシダ植物などを育てるインテリア)なんかに惹かれました。

 ただ、自分はヴィクトリア朝の資料として当時の服装や、(切り裂きジャックのような)有名人について知りたかったのですが、この本は「百貨」事典であるため、そういった話題はあまり詳しくありませんでした。
 また、ボリューム的にしかたないのですが、様々な分野の項目を浅く広く紹介しているので、「もっと知りたい!」というのは当然出てくると思います。そのために各項目や本の最後に参考文献が載せられているので、それらを読んで知識を深める必要があります。
 この本は知識欲を満たす読み物として、ヴィクトリア朝を調べる足がかりとして利用するのが良いと思います。
more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/09(月)   CATEGORY: 日記
髪量60%減(当社比)
 60%は言いすぎかもしれませんが、久しぶりにバッサリ髪を切りました。新しい自分(笑)
「目に入る前髪も切れば後ろ向きな性格も改善されるんじゃね?」なんて自棄な気持ちもありましたが、そんな簡単に変わらないよ人間は。

 いつの間にか本やらCDやらが棚いっぱいになりつつあるので、今度からちょくちょくレビュー記事を書いてみようと思います。まあなんというか、普段自分が買ってよかったものを友人知人に勧めてもあまり相手にされないので、その気持ちをブログに刻もうかと思いまして。
 カテゴリ「本の紹介」「CD・DVDの紹介」「モノの紹介(玩具など)」に分けて紹介します。
 いつ飽きるかわかりませんが、たまたまページを見た誰かのためになれば幸いです。



 ところで。
 ごましおを手に乗っけてそのまま食うのうめぇwwww しょっぱくてうめぇwww
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/06/04(水)   CATEGORY: 日記
通販三昧
 5月末に通販でかなりの買い物をしてしまいました。戒めも込めて晒し上げ。

<ブックオフオンラインで買ったもの(全て中古)>
バハムートラグーン公式ガイドブック 300円
 ベストオブビデオゲームインマイライフの座を欲しいままにしているスーファミのSRPG「バハムートラグーン」の公式攻略本。コレクション目的での購入でしたが、全てのドラゴングラフィック&敵グラフィックが載っていることに涙。ドット絵かっこよすぎです。
西澤保彦『解体諸因』(文庫版) 100円
 さすがの値段ブックオフ。新品で買おうと探してましたが、文庫本は中古でも十分。暇をみつけて読みます。
魔界戦記ディスガイア キャラクターコレクション 950円
 amazonで取り扱い終了になっていて買えなかったのに、こんなにも安く手に入って大喜び。これで原田氏のイラスト集が3冊目だぜ。

<Amazonで買ったもの>
前田知洋の魔法の扉ミニ 945円
 在庫確認即購入。ミニサイズタリホー目当て。手品? ……練習します。
Bee トランプ 青 638円
 在庫確認即購入。カードがやわらかい。ジョーカーが可愛い。(追記参照)
Microsoft IntelliMouse Optical 2190円
 現在使用しているPCの付属品として6年近く使っていたボール式マウスの右クリックが効かなくなってきたので初めて買い換えました。光学式5ボタンです。超進化しました。

<とらのあなで買ったもの>
Missing Link『誘惑コレクション』
Missing Link『twice』
 2次創作イラスト集。
SWAY WIND『描-Byou- 東方描綴』
 東方イラスト集。
LunadeLuna『東方落描帖 4』
 東方イラスト集。
THE SPLITTERS『GO!ON !GIRL!』
THE SPLITTERS『Union of the Knight』
 オリジナルイラスト集。

 見ての通り全てイラスト集です。以前からそうでしたが、同人誌買うならイラスト本ですね。チェックしてるサークルでまだ委託が始まってない所もあるので、始まり次第また買う予定です。
more...
[ TB-0 | CO-3 ] page top
DATE: 2008/06/01(日)   CATEGORY: 日記
ミドリ
 何気なく歌番組を見ていると聞こえてきた変態的轟音とシャウト。画面にはセーラー服の女性。それは『ミドリ』というバンド。
 ドラム、ベース、ギター&ヴォーカル、キーボードの構成でパンク~ジャズ~ちょっと和風な感じ。喧しい演奏の中でキーボードが光ってます。
 ハッキリと好き嫌いが分かれそうですが、戸川純、駄菓子菓子に次ぐ絶叫女性ボーカルがツボです。ネットでいくつか聴きましたが、CD欲しくなった。


そぉぉれぇぇはぁぁさぁぁてぇぇおぉぉきぃぃ


ちょっとクレイジーです


かっこいい
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © 頽弊記 all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。